私が実践した、赤ちゃんアトピー改善方法のさらに詳細!

>>息子のアトピーを克服したさらに詳しい方法はこちら<<





>>私の息子も使っていた、赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミー】


赤ちゃんアトピーの克服体験Top >  アトピーが改善できた冷え解消 >  足湯の方法

足湯の方法

赤ちゃんアトピー克服にも実践した足湯の方法

足湯

足湯とは・・・
手軽にいつでも半身浴の効果が得られるすぐれた健康法です。
冷え性の方はもちろん、足の疲れやむくみ取りに、
リラックス効果もありますので、寝付けない時などにもおすすめです。
また、足湯には自律神経のバランスを整える作用がありますので、
続けて行うことで体質改善にも役立ちます。
腰の座っていない赤ちゃんには、たらいなどで、親がつけてあげる事で
実践できます。
     
バケツや足湯機などの容器をご用意して下さい。

●湯量・・・少なくとも、足首の内踝(うちくるぶし)から、
       指3、4本分上までお湯につかるようにして下さい。
       赤ちゃんの場合は、腰から下をつけてあげてください。

●温度・・・40度前後
       病気(心臓病、糖尿病、高血圧、神経痛、リウマチなど)の人は
       38度位の低い目の温度から初めて下さい(厳守)
       温度が冷めてきたら、ポットなどで指し湯をして下さい。
       赤ちゃんの場合も同じような温度で良いです。

●時間・・・20分位
       あるいは、体全体が汗ばんでくるまで。
       赤ちゃんの場合は嫌がったら終わりで良いと思います。

●回数・・・出来たら、1日に3回以上(半身浴とは別)
       3回以上出来ない場合でも、出来るだけ多く。
       寝る前も効果的。
       赤ちゃんの場合もできるだけたくさんやってあげてください。

 ※ 足湯機があれば、非常にお手軽です。
    いつでも思いついた時、すぐ出来ます。
    足湯の続かない理由のめんどくさい、時間がないはこれで解決します。
    ・仕事をしながら
    ・テレビを見ながら
    ・勉強しながら等、いつでもどこでも出来るのです。

    足湯機は、ローラーやツボ押し、泡が出る機能にお金を使うより
    温度設定がきちんと出来て、お湯がうちくるぶしより、指3、4本以上
    つかる物を選んで下さい。

    赤ちゃんの場合はまずは、たらいからで良いと思います。
    腰が座って大きくなってきたら、足湯機は非常に便利です。
    写真のように足湯機で半身浴をすることもありました(笑)
    お風呂での半身浴も毎日やってましたけど、プラスでやってました。

赤ちゃんアトピー

私が赤ちゃんのアトピーを改善したのは、この足湯を
徹底的に実践したことが大きかったと思います。
大変だと思いますが、是非続けて実践してあげてください。

半身浴と足湯の注意点を読む

>>息子のアトピーを克服したさらに詳しい方法はこちら<<

アトピーが改善できた冷え解消

赤ちゃんのアトピー改善、克服で実践した冷え解消法の、半身浴、足湯の実践方法をご紹介します。大人の冷え解消もできます。

関連エントリー

半身浴の方法
足湯の方法
半身浴、足湯の注意点


All About


当サイト(赤ちゃんアトピーの克服体験)は、All Aboutに登録されました。
All About > 健康・医療 > アトピー・アレルギー > アトピー 

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。 当サイトの画像の無断での使用を一切禁止いたします。